top_image
top_image4
top_image7
top_image3
top_image2
top_image5
top_image6
previous arrow
next arrow
top_image_sp6
top_image_sp1
top_image_sp5
top_image_sp3
top_image_sp2
top_image_sp4
top_image_sp
previous arrow
next arrow
人と社会の架け橋になりたい
岩橋商店は
雄大な山々に囲まれた自然豊かで
四季折々の風と食を楽しめる
福島県に誕生しました
人と人との繋がり方が大きく変わり続ける現代社会で
創業時から掲げる理念「誠意・感謝・挑戦」のもと
日々の暮らしに新たな喜びと価値を
ご提供していきたいと思っています
人と社会の架け橋になることを使命として
その地で暮らす人々の想いを
一人でも多くの方に伝え
お届けできるようにしています

うまいもの

ハバネロ明太子

ハバネロ明太子

ハバネロ明太子

日本一辛い村・福島県平田村産 「ハバネロ」使用 羅臼昆布から出汁を取り ハバネロを独自調合した秘伝の調味液に 国産たらこを 熟練の明太子職人が 漬け込み仕上げた自慢の逸品です 爽やかな甘さから 羅臼昆布出汁の濃厚な旨味と […]

1,680円

商品詳細を見る

辛子明太子(無着色)

辛子明太子 中辛大切 280g

辛子明太子(無着色)

国産北海道の「たらこ」のみを使用しています。 塩抜き専用の羅臼昆布ダシに漬け込んだあと、 一枚もの天然羅臼昆布から出汁を取った出汁汁と、秘伝の調味料を混ぜ合わせた 秘伝の調味液に漬け込む。「独自製法塩抜き二段仕込み」です […]

2,980円

商品詳細を見る

いいもの

ハバ明太郎プチ缶

ハバ明太郎プチ缶

ハバ明太郎プチ缶

岩橋商店の公式キャラクター「ハバ明太郎」 福島県産ハバネロと明太子。 そして、福島県会津地方の縁起物である起き上がり小法師をモチーフにしています。 ちょっとキモかわいい!? 小物入れや、ちょっと使いに。 ハバ明太郎を常に […]

550円

商品詳細を見る

1点もの びんてーじ机

1点もの びんてーじ机

1点もの びんてーじ机

アップサイクル品です。 ビンテージ物の机を 丁寧に塗装しなおした物になっています。 一点ものです。  

35,000円

商品詳細を見る

過去のお知らせを見る

ブログ

福島のことなんて、誰もしらねぇじゃねぇかよ! カンニング竹山さんとの出会いとハバネロ明太子誕生まで

福岡県出身で東京を拠点として
活躍を続けている
お笑いタレントのカンニング竹山さん。
福島を遊び、楽しみ、味わいながら
福島のことを発信して
応援することを続けています。
私の恩人であり師であり友である
大好きな方です。
そんなカンニング竹山さんとの
出会いと
思いをまとめてみました。
 福島で生まれ育ちながらも
故郷のために、何もすることができない、
何の力もないのだと感じていた私は、
カンニング竹山さんとの初めての出会いから、
人柄と思いに魅了されて、
福島を応援する人の応援をするという
些細なことを続けていこうと決めました。
カンニング竹山さんと
初めて出会ったのは2018年11月でした。
未曾有の災害となった東北大震災の翌年から
母がひとりで営むことをはじめた
福島県福島市にある屋台居酒屋です。
憧れと理想だけを大きく膨らませ
奥さんの反対にも耳を貸さず一念発起。
起業をして間もない頃でした。
当時私は、
週末になると、1時間30分ほど車を走らせ
母が営む屋台居酒屋へ
手伝いに行っていました。
当時の私は、
思い通りにならない日々の中で
自惚れと努力不足を棚に上げて
身勝手な日々の不安と
挫折感に苛まれる日々でした。
肌寒くなっていた11月のある週末。
8席ほどのカウンターだけの小さな店。
すれ違うことも難しい狭い店内の調理場で、
いつものごとく皿洗いをしていると、
ガラス張りの格子戸をガラガラと音を立て
入ってきたおしゃれな中年男性。
そこには、
テレビでいつも目にしている
芸能人のカンニング竹山さんの
姿がありました。
キャップを被りカジュアルな服装で立っている
カンニング竹山さん。
「あっ、どうも」
と何度も顔を合わせている
常連さんかのように
失礼なほど軽い挨拶をしてしまったことは
今も忘れません。
来店した目的は、
それまでに福島へ通い続けていた日々を
1冊の本にするためということでした。
震災後から福島へ通うことを
続けていたカンニング竹山さんは、
多くのことを体感しながら、
さまざまな人たちと触れ合い
福島のことを伝えたいという
思いが強くなっていったということでした。
店内にいた常連さんたちと
気さくに会話をはじめた
カンニング竹山さん。
福島で生活する人たちが
感じている思いや福島の実情などに
親身になって耳を傾ける姿がありました。
調理場の隅からカウンター越しに、
そんな姿を目にしながら、
纏う空気がとてもやさしい方だなぁ。
と感じていました。
それまでに抱いていたイメージは、
大きな声で叫び喚き散らすおじさんで、
ちょっと苦手だな。
というものでした。
ですが、
実際に肌で感じることができた印象は
まったく別なものでした。
そんな夜から月日が流れ
福島での取材を経てまとめられた著書
「福島のことなんて、
誰もしらねぇじゃねぇかよ!」
の出版前だった2019年3月の週末。
出版前の挨拶ということで再び
カンニング竹山さんが来店されました。
初めての出会いから数か月、
肌で感じた人柄に魅了されて
すっかりとファンになっていた私は、
カンニング竹山さんの芸能活動、各種SNS、
記事などを、見漁りながら、読み漁りながら、
思いを馳せていました。
その日は、
スタッフの皆さん、常連さんたちと
福島の料理を食べながら福島の酒を呑み
心から楽しみ談笑している様子でした。
狭い店内で同じ時を過ごせているという現実に
とまどいながらも胸は躍っていました。
帰り際に2人で談笑することができました。
なぜ、福島へ通うのか。
福島でどのようなことを感じ
楽しんでいるのか。
失礼なほど率直に、
質問をさせていただきながらも
自己紹介もさせてもらいました。
「今日は、美味しい料理に酒を味わわせてもらえたし、楽しい福島の夜を過ごすことができたよ。
ありがとう。少しのお礼だけど、地元で一番旨いと思っている辛子明太子を送らせてもらうから
お母さんと皆なで食べてよ。」
そんな心遣いと言葉を残しながら
スタッフの皆さんと
ホテルへ帰られました。
再会できた喜びと興奮の
余韻も冷めやまぬうちに
心遣いで送ってくださった
辛子明太子が届きました。
大きな一本ものの辛子明太子。
その美味しさに感動することもさることながら
ご飯に乗せた辛子明太子を、
ひとくちひとくちと噛みしめるたびに
さまざまな思いが溢れてきました。
独りよがりの勘違いであると
心の隅では思いながらも、
カンニング竹山さんとの出会いに運命を感じ
勇気と力を与えてくれる光明になっていました。
カンニング竹山さんの軌跡を遡りながら
多くを感じ取らせていただく中で
人としてお笑い芸人としての歩みや葛藤。
愛情の深さに触れていきました。
福島へ通う思いと出身地である
地元福岡県博多への愛も多く感じました。
私自身も、子どもの頃の夢は、
お笑い芸人でした。
人を笑わせ喜ばせることが好きだった。
そんなことを思い出しながら、
肌で感じたカンニング竹山さんの
人柄にあらためて思いを馳せました。
そんな日々を過ごしていくなかで、
たまたま辛子明太子のルーツが
故郷である福島県会津に
あることを知りました。
福島の地で福岡県出身の
カンニング竹山さんと出会い
知ることができた辛子明太子の魅力と歴史。
カンニング竹山さんと
辛子明太子の魅力を発信することで
地方都市である福島と福岡の架け橋になることができるんじゃないか。
故郷のことを知ってもらうキッカケづくりや
母が営む小さな店の
応援をすることができるんじゃないか。
そんなことを考えるようになりました。
散乱していた思いの
欠片と欠片が繋がった瞬間でした。
送っていただいた辛子明太子は福岡県博多で
カンニング竹山さんが贔屓にされていた
「原口海産物専門店」さん
の辛子明太子でした。
カンニング竹山さんとの出会いで感じたことや
母の店で看板メニューとして辛子明太子を取り扱いたいという思いを伝えました。
僅かな期間でしたが、
福島へ足を運んでいただき、
福岡へも遊びに行かせてもらいながら
交流をかさね
母の店で提供をさせていただける
こととなりました。
カンニング竹山さんとの偶然の出会いから
福島と福岡が縁で繋がり
母が営む屋台居酒屋
「あねさの小法師」
でも、辛子明太子を使ったメニューは
人気となりました。
その後、福島県産のハバネロを使用した
唯一無二のオリジナル明太子
「ハバネロ明太子」
を多くの方のご協力のもとに
商品開発もすることができました。
福島と福岡を繋ぐハバネロ明太子は、
母が営む屋台居酒屋
「あねさの小法師」でも
人気の看板メニューとなっていきました。
個人的なことで、照れくさい事ですが、
多くの心配と苦労をかけてきた母に
ほんの少しではあるけれど、
親孝行ができたのかな。
なんてことも
内心思ったりもしています。
カンニング竹山さんが福島へ通い、
遊び、味わい、楽しみ続けることで
感じてきた熱い思いが詰まった著書
「福島のことなんて、
誰もしらねぇじゃねぇかよ!」
その著書の中には、
「偽善かもしれないが
何かしなくちゃいけないと思ったんだよ!」
そんな言葉がありました。
自分のこともままならないままに
人の役に立ちたい、故郷の役に立ちたいという
偽善を振りかざしているだけで空回りする
独りよがりの日々でした。
ですが、
カンニング竹山さんと出会えたことで
多くの勇気と力を与えてもらいました。
震災からまもなく
11年が経とうとしている福島県です。
3月12日・19日に福島テレビにて
[カンニング竹山の福島のことなんて、
誰もしらねぇじゃねぇかよ!]
が放送されます。
(感染対策には十分に配慮した撮影です。)
(撮影時のみマスクを外しています。)
福島を歩きながら、見て、聴いて。
福島で触れ合った人々の想いを
竹山さんらしく伝えるために、
今日も福島へ足を運び、
いっぱい遊び、食べ、呑み、楽しんでいます。
福島の地で、
偶然出会うことができた竹山さんは、
ひと回り以上も歳が離れた私を
恐れ多くも友と呼んでくださいます。
そして、
折りにふれては気にかけ、
優しく接してくださいます。
福島で生まれ育ちながらも
竹山さんが発信してくれることで知ることができた故郷の真実や魅力も多くあります。
福島の地で、
偶然訪れた小さな屋台居酒屋を
切り盛りする母の息子。
そんな偶然の出会いから
交流を続けさせていただいています。
迷いや葛藤があっても
勇気を出して一歩踏み出すことで
何かが変わり動き出す。
そんなことに、改めて、
気付かせてもらうことができました。
そして、
竹山さんの活躍を目にするたびに
多くの勇気と力を与えてもらっています。
縁もゆかりもなかったという福島を
第2の故郷と呼び、
応援をつづけてくれている竹山さん。
福島の魅力を改めて発見して
竹山さんの人柄と愛情の深さも
感じることができる。
そんな番組になっていることと思います。
本当に、小さなことですが、
私は、福島を応援する人の
応援をこれからもつづけていけたらな。
と思っています。
[カンニング竹山の福島のことなんて、誰もしらねぇじゃねぇかよ!]

詳しく見る

福島民報にて紹介されました

福島民報にて岩橋商店のハバネロ明太子を取り上げていただいたようです♪

日本のアスリートの皆さんの活躍でメダル🏅ラッシュが続く東京五輪!

熱い大会と暑い夏を国産たらこと羅臼昆布出汁の旨み溢れ、ハバネロのほどよい辛さが食欲を刺激し続けるスパイシーキャビア🌶

「ハバネロ明太子」を食べて、盛り上がり乗り切ってくださいね!

詳しく見る

厳選の食材と職人の情熱を安心・安全に食卓へ!

岩橋商店は、
食品衛生責任者管理のもと
食品衛生保険加入のお店です。
各地の厳選された食材と、
食に情熱を注ぎ続ける職人たちの
想いを、安心安全に皆様にご提供できるよう努めております。

詳しく見る

朝食🍚

おはようございます。

今朝も、辛子明太子をメインに

美味しい朝食をいただいていましたw

力をつけて今日も一日、楽しんでいきたいと思います!!

2021.02.11

 

 

詳しく見る

新春特別価格✨

いつも、大変お世話になっております。
本年も岩橋商店を
どうぞ宜しくお願い致します!!

コロナウイルスの影響も拡大して
混乱が続いております。
不安も多い中ですが、
お身体には気をつけてお過ごしくださいませ。

さて、
岩橋商店では新春価格にて
辛子明太子を販売しております!
外出自粛が続きますが、
ご家庭にて本場博多製造仕入れの
上品な出汁が効いた、一粒一粒プチプチの
辛子明太子はいかがでしょうか?
この機会に、
国産たらこと特製羅臼昆布出汁に
漬け込んだ特別な辛子明太子を
ご賞味くださいませ。

中辛 辛子明太子大切れ280g
1パック 2,980円

1月限定新春価格
1パック 2700円✨

消費税込みの価格です。

 

2021.01.13

詳しく見る

新商品情報!!

岩橋商店完全オリジナル辛子明太子!!

福島県平田村産ハバネロを絶妙に調合使用した

オリジナル辛子明太子発売決定!!

乞うご期待ください!!!

2021.01.03

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

詳しく見る

新年あけましておめでとうございます。

新年明けましておめでとうございます。

本年も、岩橋商店を宜しくお願い致します。

20021.01.01

詳しく見る

博多の街

2019年7月

視察のために、

店主が博多に訪れた際の画像です。

博多の街は、

食に酒に人情に街並みに最高でした!!

 

博多に訪れた時が、

あの有名な「博多祇園山笠」当日でした。

皆さんが並んで撮影に応じてくださった事には

地元の方も驚かれていてました。

ありがとうございました。

2019.07.15

詳しく見る